御朱印・靖國神社

だんだん間が空いてしまって申し訳ございません…
いつこのシリーズは終わるのでしょう…
私も同じ事を思ってきているので、なるべくささっと投稿していく様にします(><)

さて、前回の高尾山から新宿に戻り、中央・総武線にて飯田橋駅に向かいます
こちらの線は恐らく初めて乗るので、折角なので撮り鉄していきました

さて、今回向かうのはここから徒歩10分の、靖國神社です
靖國神社ー…、よくニュースで話題になる所ですね
私は政治が好きでは無いし、戦争に対してもなるべくならば避けたい…と思ってしまっているタイプなので、
本当にテレビの中の世界という感じでしたが…
平成31年に創立150年を迎える靖國神社の御朱印帳のデザインがあまりに素敵でー……
これは無くなる前に是非入手したい!
という邪な気持ちで訪れます
それに、こんな機会が無ければ、この先もきっと訪れないだろうし

さて、靖國神社
多くの方もご存知かと思いますが、どの様な神社か簡単に紹介させて頂きます
起源は、明治2(1869)年に建てられた「招魂社」に遡ります
明治維新にて、国内で起きた戊辰の役にて近代国家建設の為にと尽力された多くの命が失われました
そこで明治天皇が、国家の為に一命を捧げられた方々の霊を慰め、その事績を後世に伝えようと創建されたのが招魂社です
その後、明治12(1879)年に靖國神社と改称されます
靖國は「国を靖(安)んずる」という意味で、「祖国を平和にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています

という流れで創設された神社は、
明治維新、戊辰の役、西南の役、日清戦争、日露戦争、満州事変、支那事変、そして第二次世界大戦に際して、国を守る為に尊い命を捧げた246万6000余柱の神霊が斎しくお祀りされています
有名な坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作、橋本佐内等の幕末の志士や軍人
従軍看護士に女学生、学徒に民間の方々
男女も身分も関係ありません
また、A級戦犯という、中国・韓国を侵略・植民地化した戦争を引き起した主導者も祀られています
首相が何を思って参拝しているかはともかく、これが
「ちょっと、戦争引き起こした方々が祀られた神社にお参りして。日本、反省してんの?」と思われてしまうわけですね
というわけで、参拝するのもな…と、思ってしまう方も、私を含めていらっしゃるのではないかと思います
まぁ、でも、私。
神社で何もお祈りしていないのですがね
二拝二拍手一拝の儀式だけします(^^;)
気が付けばいつもそれで満足して、参り終わってから「あぁ、また日頃の感謝も述べて無いわw」という…w

10分程歩くと、この様な壁が現れます

こちらは南門です

本殿・拝殿に近いので、単純に参拝だけの予定であれば、こちらから入るのが良いかもしれませんね
菊=天皇家、こちらもやはり外せませんね

このまま南門から行けばすぐですが、やはり第一鳥居からきちんと参拝したい
という事で、向かいます

こちらが第一鳥居

大正10(1921)年に日本一の大鳥居として建てられましたが、長年の風雨で損傷が激しくなり、
現在の物は昭和49(1974)年に建てられました
高さは25mです
こちらは逆光になる為、参道から撮っています

第二鳥居は、青銅製の鳥居としては日本一の大きさを誇ります

明治20(1887)年に建てられました

両鳥居の間には、近代日本陸軍創設者で、靖國神社創建に尽力された大村益次郎の銅像もあります

他にも狛犬やー…

石灯籠に彫られた鹿も可愛いですね

ここだけ見ると普通の神社に思えますが、
慰霊の泉等を見ると、やはり戦争関係になってくるなと思ってきます

こちらは神門です

昭和9(1934)年に建てられました

中門鳥居は平成18(2006)年に建て替えられました

結構頻繁に建て替えの記述がある様な気がしてきますね…
まずは参拝です
何をお祈りすれば良いかと思いつつ、順番が来るといつも通り何も考えずに儀式だけして終わります

案内板には、鳩の型があります

平和の象徴とも言える鳩ー…
今回、私が目的としている御朱印帳にも、この鳩がデザインされている所に惚れてやって参りました
その御朱印帳がー…
こちらです!!

この流れる様な美しいデザイン、可愛い配色、清楚な感じが本当に、堪らん!!w
平成31年まで配布予定ですが、「まぁまだまだあるだろうし、今度で良いや」と思っている間に無くなると本当に悔しいので、
まだある間に頂いてきました
初穂料は1500円です
頂いた御朱印です

また、お盆の時期の7/13~16日には、「みたままつり」というお祭りがあります
この期間は、「みたままつり」と特別なハンコも押して頂ける様です
私もパンフレットの写真で見ただけですが、3万灯もの奉納提灯が掲げられた境内は、特別な感じがして行ってみたいと思いました
(今年は生憎予定があるので行けませんが…)

こちらは軍犬慰霊像です

動物好きの私は、この像を見た瞬間靖國神社が大好きになりました←
こちらは戦没馬慰霊像

なんと、鳩魂塔もあります

個人的にお勧めなのは、これら動物への愛の塊(?)と、
こちらの神池庭園(しんちていえん)です

和みます

夕方だったので、陽の光が優しかったです

こうした庭があると、人の心は癒されますね

遊就館の方に向かいます
個人的にシャチホコが気になります…

生憎、私は閉館間際に行ったので中に入れませんでしたが、
1階部分の玄関ホールや売店、喫茶室は無料で入れるそうです
また、玄関ホールにはゼロ戦が展示されているとの事で、行かれた際には是非見て頂きたいです
他にも機関車や火砲も展示されているそうで、もっと早く行けば良かったと思います…

私はこの後、姉の住む戸塚に向かいました
東海道五十三次の旅以来の訪問です

前回はスーパーホテルさんに泊めさせて頂きましたが、今回は姉夫婦のお宅にお邪魔させて頂きます
スーパーホテル戸塚駅東口 大橋の湯
温泉や朝食バイキング、マッサージクッションもあり、ロハス的な所もあり楽しいホテルでした!
戸塚に泊まる際にはお勧めです☆
(五十三次の際も姉宅に泊めさせて貰う気でしたが、丁度その日旅行するとの事で、流石に無理でしたw)
姉がマッサージ大好きな人で、駅前のマッサージ屋さんに連れて行って貰いました
そして旦那さんも加わり、焼肉に連れて行って貰いました

戸塚の訪問はこれで三度目ですが、駅前もお店が豊富で困らないし、住みやすくて良い街ですね

翌日は江の島・鎌倉観光の予定なので、丁度良い所に姉が住んでいて助かりました☆
という事で、次回は江の島回です
次の週末に投稿…出来る事を祈ります……!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です