東海道五十三次・15日目~池鯉鮒・鳴海・宮~②

鳴海宿を出て、宮に向かいます
天白川を越えると、いよいよ名古屋市南区に

日本橋より八十八里目の笠寺一里塚です

ここのポイントは、案内標識がある事ですね!

一里塚の標識、初めて見ましたw
Milestone…カッコいい!!
立派な東塚がきちんと残っているのもポイントです

道を進むと、東海道宿駅制度制定四百年記念碑があります

長楽寺と熊野三社の所で見ました

山崎川を渡ると瑞穂区に入ります
そして、新堀川を渡ると、いよいよ熱田区です
これ位コロコロ区や市境があると歩き甲斐があります
名鉄ガード下をくぐると伝馬町の一里塚ー…
がこの辺りにあるハズなのですが、看板や碑がありません

位置的にもこちらだと思うのですがー…
こちらでしょう!←
すぐ近くにある裁断橋跡です

秀吉が小田原攻めをした際、陣中で病死した梶尾金助さんを弔う為に、そのお母さんが橋の架け替えを行ったそうです
曇りがちな天気も相まって、しんみりした気分になります

国道247号にぶつかり、歩道橋を渡ります
こちらは宮の赤本陣跡です

宿の入り口は何処だったんでしょう…
とかく、まだ16時なのに既に数人並んでいるお店の道を入った所にあります
警備員さんが歩いていたので、証拠写真を撮って頂きました

いよいよ、七里の渡し跡に着きました

今はのんびりした公園という感じでしょうか
人がちらほら居ますし、犬を連れている人も居ます
ここから、昔の方々は海を渡って桑名に向かったんですね
…良いなぁ、船。
これだけ歩くと、酔う<歩きたくない、になりますねw
気を抜くと、本当にここで一呼吸ついて、実家に帰りたくなりますw
でもここで家に帰ると、もう二度と歩きに来る気がしないので、ちゃんと旅は続けます!

渡しの公園前の熱田荘(元料亭)です

こちらは脇本陣跡の丹羽家で、破風付玄関を残しています

こちらは熱田神宮南交差点の歩道橋です

明日はこちらから国道1号沿いに桑名まで歩いて行きます

さて、今日のミッションは終わりました
時間があったので、熱田神宮に寄る事にします
樹齢1000年以上と言われている大楠です

こちらが本宮です

こちらは神楽殿、初宮参り・安産・厄除け・家内安全等をご祈祷する社殿です

広いし予備知識無しだったので、取り敢えずという感じで気になった所だけ見ました
まだまだ見ておいた方が良い物があると思うので、下調べをして行く事をお勧めします
うっそうとした木々に覆われているからでしょうか、こういう苔むした雰囲気も良かったです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

草薙 熱田神宮御用達酒 1800ml【日本酒】【亀齢酒造】【広島】
価格:2000円(税込、送料別) (2017/8/23時点)

これからホテルに向かうのですが、これは着いた瞬間部屋から出ないだろうなという疲れ具合です
近くで美味しそうな名古屋名物を調べた所、ちかさんの手料理というお店が目に留まりました
なかなか入るか迷うネーミングでしたが、17時開店なので、あと5分ちょっと待てば食べられます
17時に再訪しましたが、お店は開いていませんでした
…あ、でも、人の気配がする
ここで無ければもう晩ご飯いらないやという執念ででしょうか
いつもなら諦めそうなのに、コンコンとノックしてみると、3回目で開けて頂きました
すみません
やはり目玉の味噌カツを頼みます

おじさんの言う通り、カツを食べて、後でシソを巻いて食べるのは大美味…
というより、ムチャ美味しい。
衣の良いサクサク感、肉の旨味もジューシーというか、…肉の良い所食べてるー☆という感じ
一口毎に感動して、その感動が最後まで続く
文句なしの満点の味噌カツです

食べ終わる頃、お店の方が、不思議そうに「どうしてこの店に?」と本当に不思議そうに聞いてきました
もし私が優秀有名なグルメリポーターであれば、とこの時程落ち込んだ事はありません
普通にその辺に居る、しかし風変わりな只の東海道踏破を目指す小娘です
と言うと、怪訝な顔をされそうなので、東海道を歩いていて、これから~調べた所の下りをお話しましたw
お店の方々は温かく、私の事を「凄い」と言ってくれました
でも私は「こんなに美味しい物を生み出せる方が凄い」と伝えました
優秀有名なグルメリポーターであれば、この味噌カツをどう表現していたのでしょう…
それ程、言葉で語るに語りつくせない、良いお店と味噌カツでした

ホテルに着き、何とか大浴場に向かいます
備長炭のお風呂です
こじんまりした感じですが、1人だったのでホッとのんびりしていました

昼ご飯830
晩ご飯1490
ホテル(朝食付き)7000

40201歩
2728kcal
25.1km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です