東海道五十三次・9日目~丸子・岡部・藤枝・島田~②

岡部宿を出て、藤枝に向かいます

岩村藩を抜ける所のコンビニでコーヒーを飲んで小休憩します
こんな小休止まで辿れるメモを残してて、個人的には結構面白いですw
連日コーヒーを飲んでいると、飲まなきゃやっていけなくなるので控えないとですね…(中毒気質w)

仮宿の交差点を越えた所で、地元の自転車を押したおば様に「東海道を歩いているの?」と声をかけられました
今日はよく声をかけられますし、
そのまま一緒にしばらく歩く事になる事が多いですw
おば様は、先程のおじ様にも勧められた蓮華寺公園に向かう途中らしいです
東海道を歩いている事に感心されますが、率先して季節の景色を観に行くバイタリティも凄いです
(人混み嫌いなので、お祭りとかお花見が苦手)

若い子が日本を知ろうとしているのは嬉しいと言ってくれて、私も嬉しくなります
私も以前海外に行くまでは、憧れが強くて、日本はなぁ…とか思っていました
でもいざ海外に行って、改めて日本を旅すると、日本の事を素敵だなぁと思う様になります
いやもう海外も凄く楽しかった!
それでもです
その土地その土地が気になって、
日本各地を旅したくなってしまったり
この東海道の旅も、そんな気持ちの延長ですね

しかし、この方、歩くのが速い(疲れ過ぎて私が遅いだけか…)
でも一緒に歩いていると合わせてしまうので、だいぶ時間短縮が出来ました
ただ、お喋りをしていて、道端の一里塚を見逃してしまいました
この辺りかなぁと探していた所に近所のおじいちゃんが現れて、「ちょっと戻った所にあったハズ」と教えて貰いました
見てきますと、私一人引き返します
日本橋より四十九里目の鬼島の一里塚です

うぅん、何だか見逃しやすく擬態していますねw

と、おば様の所に戻ってみると、たまたま通りかかったらしいお巡りさんに「一里塚は何処」と尋ねていました
ありがとうございます、撮ってきましたよ(^^;)
と駆け寄ると、慌ててポケットに突っ込んだ携帯が、ポロっと落ち、
コンクリートの路面に叩きつけられました
あー……でも、よく落としてるから大丈ー……
…画面にヒビが!!!
…っ(◎△◎;)!!!
一番にやった事は、カメラ機能が使えるかの確認でした
ふぅ、大丈夫、ちゃんと動きます
おば様が「私が焦らせちゃったからかしら…」と凄く気に病んでしまいましたが、完全に自分の不注意ですし、
それは携帯ではなく足に言って頂きたかったですw

鬼島の建場跡で、おば様と別れる事になりました

気を遣わせてしまいました…
と思って、再び歩き出すと、須賀神社の所で、ここ見て行ってね!と指差しをしていて、自転車で走って行かれました
見ると、巨大なクス!

県指定の天然記念物で、高さ23m、根廻15.2m、推定樹齢は何と500年!
パワーを頂きました(^^)

思っていたより早く藤枝宿に着けそうだと思うと、私も蓮華寺公園に寄り道する事にしました

見渡す限り藤棚で、その下を歩くのだろうか…と勝手なイメージを抱いていたので、そんな事無くて、落ち込みました…
入口のベンチに藤棚があって、見た感じでは池の周りにちょこんちょこんと藤を育てている感じ

そして、時期が終わりかけていたのが一番残念でした
一眼を持っていた写真目的な雰囲気の方にどうでしたかと尋ねると、池の反対側はまだ綺麗との事でした
流石に回る時間は無かったので、個人的には残念な寄り道になってしまいました
それでも、地元の人に大人気のスポットみたいで、まったりしに来た人や家族連れやカップルも多かったです
お勧めされていた事もありますし、池の向こうの景色は、私が望んでいたものだったかもしれませんね

東海道に戻って、藤枝本陣跡を探します…が、
また碑が無い
丁度あった自転車屋さんに尋ねてみると、ここも吉原の様に、地面にプレートが埋め込まれているとの事…

記念写真を撮って貰えない事もありませんが、近くに藤枝宿の看板があったので、そちらで撮って頂きました

食べログを見た所、ピンとくるお店があまり無かったので、今回はあさはらさんというラーメン屋さんに入る事にしました

ワンタンA定食(ご飯と餃子セット)を頼みます
初めてワンタンを頼んでみたのですが、ワンタンとワンタン麺って違うんですね…
ワンタンにも麺が入っているのかと思っていました(何故違う表記なのかというこの数分の謎が初めて解かれましたw)
でも、ご飯もあるし麺が無くて丁度良かったかもです
スープは醤油ベース、ワンタンとメンマと海苔
ワンタンが美味しくて、肉の旨味が良かったです
餃子は酸っぱめ?
不思議な感じでした

次回で9日目が終わります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です