鹿児島旅行記(2015年)~その4・薩摩富士:開聞岳~

鹿児島旅行記4回目です
この日は2015年10月10日です
今回はいよいよメインイベントの1つである薩摩富士・開聞岳へ
九州を愛する全ての人へ【九州プレミアムモール「九州逸」】

駐車場にバイクを駐めて、横にあるお店で山バッチと登山証明書を購入しました
登山証明書は確か2種類あり、私は菜の花ver.を購入しました
公園の間を通って、登山口へと向かいます

開聞岳は標高924mの美しい円錐形の富士と呼ぶに相応しい山です
標高は低いですが、前日の霧島山の登山における最大標高差は640mながら、こちらは744mになります
4時間半あれば、登って帰って来られますが、途中から岩場やロープ・梯子等、登りごたえがあります

登山口は2合目になります
当時の記録を振り返ると、道幅が細い印象でした
今まで登った山と違って「火山だぁ」という岩肌が、新鮮で面白かったです
5合目までは斜面が急…と思っていましたが、それ以降は大きな岩がゴロゴロしていて楽しんでいました
こちらは7.4合目にある、仙人洞奇岩

この洞窟は開聞岳が噴火した際に、溶岩がせり上がって出来たものです
開聞岳北麓の岩屋にある観音堂は、孝徳天皇(645~654年)の頃、山伏達の修行所として諸国から出入りがありました
この山伏達の修行の場として使われ、仙人洞という名前が付けられたそうです

山頂に到着です

うん、この曇り空ですもの…
展望は、解ってましたよ。
本来なら、360度の展望が楽しめます(もう写真を撮る事すら諦めていました)
それでも薄っすら見える半島の形や海を見て、登った甲斐があったと満足します
景色があるに越した事は無いけれど、純粋に登る事が好きなんだなぁと思います
昼ご飯にはおにぎりの他に、桜島SAで買った、イカタコ薩摩揚げと黒豚コロッケも買っていた様です
食べている間に、解っていましたが雨がポツポツ降ってきました…
すぐに止む雨で慌てる必要はありませんが、夕方は指宿の観光があるので、ササっと食べてササっと下山しました

下山中は6合目から、やけに滑っていました
小石も避けているのに、何も無いのに、凄く滑りました
特有の滑り易い性質とかがあるのでしょうか…
登りの疲れと緩み、ついつい速くなる足運びで、下山時の怪我は特に多くなります
皆様も下山時はくれぐれも気を付けて

指宿でもユースホステルに宿泊します
圭屋ユースホステル
不思議なオーナーさんが迎えてくれる、歴史が感じられるユースホステルです
指宿といえば、砂むし温泉!
いぶすき観光ネットより引用
鹿児島大学医学部田中教授らの調査によると砂むしに入ると心拍出量が増え、体の深い所の体温が上がるなどたくさんの効き目があることが判りました。
血液循環を進めることによって老廃物の排出や炎症性・発痛性物質を洗い出し、十分な酸素栄養を供給することによって人の体をリフレッシュさせます。
この調査で砂むしの効果は、普通の温泉のなんと3~4倍だと結論づけるに至りました。
すっかり温泉好きになった身としては、是非一度入ってみないと!
海沿いの砂浜で寝そべってる写真を見た事がある方も多いと思いますが、実際入るとどんな感じかなぁ…
しかも、デトックス効果も期待できるとか!

ユースホステルからすぐの所にある、砂楽~さらく~さんに行ってきました
皆「いやぁ、良い汗かくわー」
私「……。(開聞岳で、汗を出し尽くしたのだろうか…)」
きっとこの頃、近場の岩盤浴にハマって月一で通っていたからでしょうか…
けれども、「砂蒸し温泉」という体験は岩盤浴では出来ないので、これはこれで楽しかったです
因みにユースホステルのお風呂も温泉でした
こじんまりした、これまた年季の入ったお風呂でしたが、良いお湯でした!

砂蒸し温泉の施設の方に、美味しいご飯のお店を聞いて、駅前に向かいます
青葉さんへお邪魔しました
ご当地名物の「温たまらん丼」を注文

「う、うまい!」
女の言う台詞じゃないけれど、なんつーうまさや!
黒豚の柔らかさ…
それぞれの具材との味の引き立たせ方…
卵のトロみ…!!
(◎▽◎)
素材も勿論やけど、この味付けもレベルかなり高い!
そして、きびなごの天婦羅も付けた所ー…

(*´▽`*)
お、大阪にお嫁に来て下さい。
そして、最後にお茶を頼みます
ふ、案外これで夢から醒めんねん←
店員さん「どうぞ」
うああああ、知覧茶やーーー(//▽//)
昇天しました
何なん、鹿児島。
こんな秘密兵器を抱えてたん?
取り敢えず、指宿に来たら、青葉さんへ是非行って下さい
間違いがない。
(因みに今回は記憶がだいぶ抜けていたので、当時のFacebookからの引用ですが、感動しまくって、こんな食レポを書いていましたw)

駅前に足湯があったので浸かっていると、福岡から来たという可愛い息子さんを連れたご夫婦が来て、お話をしました
嫁「最近旅行に行けてなかったから、たまたま来たの~」
1歳にも満たない息子さんだったので、確かにそれだけ小さいとなかなか旅行に行きにくいですよね
我が家は特異的に色々連れて行かれましたが行って貰いましたが、他の家ってそんなに旅行に行かないものだと、この年齢になって知ったものです
嫁「ほら、初めての足湯だよ~
行けるかなぁ…」
ドキドキしながら足を浸ける可愛い息子さん
「色々経験させたくて(*^^)」と、可愛いお嫁さん
『あぁ、こんな可愛い素晴らしいお嫁さんに私もなりたい。』
と、宿まで歩いていると、じんわり歩いていると、
汗をかいてきましたw
発汗量:岩盤浴>登山>足湯+散歩>砂むし温泉
こ、個人差だと思います!w
しかし、九州は良い温泉が多いです
何度も行きたいなぁと思えるのも良いですね


マンホールハンターも忘れていませんよ

そしてユースホステルに着いて、他のお客様の靴や気配が無い
私「あの、もしかして、今日私1人だけですか?」
ペアレントさん「そうだよ~、何か皆キャンセルしちゃってねぇ」
この3連休は、皆様シルバーウイークで使い果たしたらしく、意外と空いてて本当にお出かけ時でした!
気楽と言えば気楽ですが、実は以前もこんな経験があります
京都の天橋立ユースホステル宿泊時(しかも初めての1人宿泊w)
私(メール)「今晩1人でちょっと怖い」
母(返信)「大丈夫、いこの方が怖いから、お化けも逃げて行くよ」
母も母だが、それで納得する私も私である
道理で、そんな幽霊なんか見ないわけだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です