登山・岩湧山と槇尾山と施福寺~西国三十三所の施福寺の御朱印~

2017/12/29に岩湧山・槇尾山登山と
槇尾山にある西国三十三所の施福寺に行ってきた分のお話の続きです
今回は最終回、施福寺です

施福寺は山門からの階段が大変と、西国三十三所の中でも難所と言われています
山門と滝畑方面、どちらも登った事がある身としての感想は、
「滝畑側から登る方がしんどい」です(^^;)
西国目当てで滝畑から登る人は少ないと思いますが、その場合きちんと登山の格好で行った方が良いです
(以前、アウトドアショップで働いていた時に、「お寺って意外と山に登ったりするから、せめて靴だけでも登山用が欲しい」とお買い上げ頂いた方もいます。歩く人にとって、靴って一番大事ですよね)
【最短翌日配送】スポーツデポの公式オンラインストア

(元従業員の知識としては、お正月セール後はそうそう値段も下がりませんし、まだサイズが残っている今が一番チャンスです。これ以降は新商品が入ってきますし、気になっていた商品も店頭から引き上げられていく事も…)

私が施福寺に着いたのは16時の15分前でした
ギリギリですね
お経を読んでお祈りし、御朱印を書いて頂きます
意外とまだ人が居ます
前後5人程、いらっしゃいました
御詠歌の御朱印も書いて頂ける事が出来ると知り、今回から御詠歌の御朱印も併せて頂く事にしました

こちらが御詠歌御朱印と、施福寺の本堂です

並んでいる間、掃除をしていた方から、「まだ行けるから、中も観て行き」と勧めて頂きました
拝観料は500円です
チケットを頂き、靴を脱いで上がります
施福寺の創建年は540~571年、欽明天皇の勅願です
行満上人によって造られました
ご本尊は弥勒菩薩で、西国三十三所の札所本尊は千手観音です
また、日本でここだけという観音様が二尊もいらっしゃいます
(足守りの馬頭観音と開運方位大観音です)

私は基本的に記憶力が悪く、違い等が判らないのですが…←
こちらのお寺は超至近距離で観る事が出来て、「ふぉぉ」と感動しました
「大きい」「至近距離」「雰囲気」というものは、私の感動のポイントだなとだんだん感じてきました
また、私が堪能している間、他に人が入って来なかったので、ゆっくりじっくり観る事が出来たのも大きいです
御朱印を頂いても観音様を見ずに帰るという方もいらっしゃいますが、こちらはお勧めです

こちらは境内から見える山々の眺めです
左手奥の、上がススキ野の山が岩湧山ですね

ひえー、あそこから歩いてきたのか…

これから下山なのですが、冬休みで普通に休日ダイヤだと思っていたのですが、29日は金曜日
しかも、納経所で確認した所、
槇尾山から槇尾中学校までのオレンジバスは、年末年始は運休する様で、今日はそのバスの最終運行日との事でした
年末年始に行かれる場合は問い合わせた方が良いかもしれませんね(><)
(因みに、オレンジバスを知らなかった頃、他の最寄バス停から歩いて行きました。南海バスの槇尾山口停留所だったと思います)
土日祝の最終便が17時で、そう思っていたのですが、平日最終便は17:35発…
ゆっくり下ります

手水舎

階段横の道はダイトレの南の起点です

是非こちらもパシャリと撮って帰って下さい

下りでご夫婦の旦那さんと山の話で盛り上がっていた所、サクサクと下りて行かれる方が
「どうもお疲れ様です」
「あ、じ、住職さん?!」
何と毎日この参道という山道を登り下りされているそうです
雨の日も風の日も…
うぅ、西国の難所と言われている道を毎日登り下り…凄いですね!
西国一の足腰の強い住職さんでは…と思ってしまいます(◎_◎;)

山門にはわらじ守り

登山をしている身なので、今後とも足腰丈夫であります様にと、私も改めてお寺の方を向き祈ります

山門と頂いた御朱印です

一応水彩画の場所で撮る様にしているのですが、片手だとついズレたり収まらなかったり、毎回四苦八苦しています…
御詠歌分は、西国三十三所の御朱印帳の空きページがあったのでそちらにお願いできたのですが、空きは残り数枚…
早い目に大阪の寺院用の御朱印帳を頂きに行きたいです
(狙っている御朱印帳のお寺が遠いし、他に用事がある場所でも無いので、なかなか行きにくいんですよね…。そこまで裕福じゃないから、やっぱりお寺単体目当てってなかなか腰が重いです…)
こちらは山門単体です

こちらはバス停の近くの満願滝弁財天です

中からお祈りも聞こえてきました

こちらで御朱印も頂けるそうですが、お邪魔も出来ないし、時間も遅そうですし、またの機会にさせて頂きます

こちらは満願滝です

落差は約50mです

バス停に着いたのは、まだ17時前…
はて、どうしよう…と思ってバス停の時刻表とにらめっこしていると、
先程下山中にお話ししたご夫婦が下りて来て、「それならば近くの駅まで乗せてあげよう」と、送って頂けました
助かりましたし、本当に嬉しかったです

泉北高速鉄道、久しぶりに乗りました

また登りに行きたいです☆
スポーツウェアをきて楽々運動!業界最安値で最高の商品を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です