小旅行~京都:鞍馬・貴船~①




お盆に京都に行ってきたので、今回はそのお話です
彼氏さんと、1日お休みを一緒に過ごせる事になりまして
出かけたいけど、お金もそんなに使いたくないしー…
そうだ、近いし京都行こう☆

JRで待ち合わせをしていたのですが、京都は何気に阪急電車で行く方が安いし名所に行きやすいんですよね…w
普段会えないし、電話も週一なので、行きの電車で行き先を決めますw
京都デートは何気に初めてです(3年近く付き合っているハズなのに、あまり会わないので初めてが多いw)
京都駅からだと、バスで叡山電鉄で行っても良いみたいですが、恐ろしい人だかりです
流石お盆…
乗換案内で調べると、地下鉄で国際会館前まで行き、そこからバスに乗っても行ける様なのでそうしました
地下鉄に行き路線図を見ると鞍馬口という駅がありますが、案内のお姉さんに尋ねるとあれは名前だけだそうですw

地下鉄で外国人さんに英語で話しかけられて焦りましたが、何とか切り抜けられました(^^;)
英語とかもう忘れてますが、彼氏さんの前で良い恰好が出来ましたw
仕事で無ければ、最低限の文法とフィーリングで行けるのではと思っています。

貴船のバス停で皆さん降りて行きますが、我々は鞍馬までバスに乗ります
鞍馬で降りて、少し坂を登ると山門が現れます

因みに今回、iphoneと一眼レフで撮った写真が入り混じっています
少し重いかもしれないので、ご容赦下さいませ

山門で300円を払い入山します
ケーブルもありますが、歩いて登ります
右手に池があり、鯉が泳いでいました

こちらは魔王の滝です

上の社の所から、水が落ちています
その近くの灯篭です

こういう写真も好きでよく撮ります

こちらは由岐神社

特に火難除け・縁結び・安産にご利益があるそうですが、素晴らしい事に大概は聞き届けてくれるそうです
(地味に信仰心が無いので、寺社仏閣に行っても祈らない人←)
毎年10月22日は、かの有名な鞍馬の火祭りが行われますが、お祭り苦手なので勿論行った事がありません…w

願掛け杉です

東海道の旅で磨いた年代物センサーが働いた通り、樹齢800年だそうです(これだけ立派だと誰でも分かるw)

山門からここまで10分ちょっとです
パシャパシャ撮っていたので、真面目に歩くともう少し早く着くかと思います
因みに信仰心の無い人間が何故神社に行くのかというと、
私の場合、社殿の木彫りを愛でに行っています

庭とか井戸とか御神木とか絵とか、謂れが興味深いとか、色々な理由がありますが(^^;)

因みにこちらの狛犬は子供を抱いている様で、この子も信仰対象になっているそうです

実は重要文化財です。

青紅葉が綺麗でした

それからまだまだ登って本殿に向かいます
山登りしていると、登り易くて良い道ですが、不慣れな方は少ししんどいかもですね
途中で自由に使える杖コーナーもあるので、不安な方はご利用下さい
転法輪堂。洗心亭前で少し休憩します
青紅葉と灯篭という組み合わせも素敵ですね

手水を撮るのも好きです

本殿のある広場に着きました
山門からだと30分程かかっています
こう見ると、結構高くまで登ってきていますね

あの金剛床という所でお祈りをするのが、こちらの習わしらしいです

また、狛犬ではなく、狛虎です

こちらはちょっとカッコ良く撮れたでしょうかw

本殿広場は休憩場所も多く、心を落ち着けるミニ庭園もあります

次回は、奥の院から貴船に抜けます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です